KUALIS

KUALIS

May 18, 2015

Ivan's Ti road









Ivan's Ti road from Singapore.

May 11, 2015

Fat bike short movie.



KUALIS Fat bike movie.
*Check facebook KUALIS CYCLES latest post.

KUALIS Fat bike short movie がオーナーの三上さん(Cycle house Mikami)らによって制作されました。KUALIS ウェブサイトのFacebook のページからでもご覧になれます。 

May 07, 2015

RBS Ti road in Dark Gull gray







RBS Ti road in Dark Gull gray is ready.
More photo/ https://www.flickr.com/photos/91691675@N04

RBS ダークガルグレイ  チタンロード、Ready. 今回のフレームにはオーバーサイズのCS を入れた。スタンダードから30%の剛性高になる。さて走りのほうはどんな感じになるか、フィードバックを楽しみにしている。
*Flickr サイトでさらに写真が見れます。


May 06, 2015

Oka-san's Ti road from Singapore










Oka-san's Ti road from Singapore. Hill climb Ti road.

シンガポールでBike ビジネスをされているOkamoto さまからのおーだー。チタンロード。
ヒルクライム仕様。

April 30, 2015

Small Ti road for Ling








Small size Ti road for Ling from Singapore. Brushed logos in blasted finish. Simple light weight Ti road. I am very glad to be able to make a frame for a lady from a country where I have never been to. I only do my best and am sure she can enjoy with it.

スモールサイズのチタンロード。シンガポールからのオーダーで、レディーのためのフレーム。
全く行ったこともない国から、人からKUALIS をオーダーしてくれることが、純粋に嬉しい。今までのどのカスタマーに対してもそうであるが、精一杯の仕事で返したい。

April 25, 2015

RBS Ti road ready for paint









RBS Ti road with over sized CS ready for paint.

RBS チタンロード、ペイントレディー。来週にもペイントに入る。
今回のチタンロードにはオーバーサイズのチェーンステーをいれた。スタンダードCS から約20%の剛性アップである。

April 22, 2015

Dropout for metal bike

 Ti dropout
 Steel dropout
L/ Ti D.O,  R/ Steel D.O

Got Ti D.O today. Now ready for both Ti and steel frames.

今日、チタンのD.O(リアエンド) がようやく到着し、スティールとともにロード用がそろった。

メタルフレームのD.Oのタイプにはいくつか種類があるが、まず、ハンガーがリプレイス式か、一体式か。次に、全体としての形がプレートタイプ(写真上)か、ラウンドタイプ(写真下)。
あるいはそれらを組み合わせたような(?)タイプ(SVやField cycles などのD.O などがそれにあたる。)である。それぞれに特徴がある。

KUALIS のオリジナルD.O は、以上のような事柄を踏まえてチタン、スティールそれぞれで厚さを決定し、最適サイズの検討など吟味した結果、最終的にプレートタイプで写真上のような形となった。

プレートタイプを選んだ主な理由としては、メタルフレームだけが持ち得るタイプのD.O(カーボンでは、そのデザインも含めて理想的なものが作りにくい)だと考えたからである。また、ラウンド形状のものではオリジナル性が出にくい上、カーボンフレームなどでもよく使われるタイプのD.Oであるので、このタイプは選択肢からは外れた。
素材については、スティールとチタン(6Al-4V)、、、以外はない。
チタンのD.O に関しては2種類、3Al-2.5V か6Al-4V かであるが、D.Oはプレートあるいは塊から削り出して作られるのが一般的であるので当然のことながら強度、剛性の高い6Al-4V を選んだ。大概のチタンフレームメーカーは6‐4を使うと思うが、3‐2.5もたまにある。(たとえばSeven のチタンD.O では”S" モデルのフレームは3‐2.5、”SL" とそれ以上のモデルは6‐4、といった具合に使い分けているところもある。)

Disk についても検討中であるが、やはりオリジナルを作るならば、まずは純粋なロードD.O が先かなと思う。